河南省淮河流域水質汚染総合対策事業

Huai River Henan Water Pollution Control Project

国名
中華人民共和国
事業
有償資金協力
課題
環境管理
借款契約(L/A)調印
1997年9月
借款契約額
49.45億円

プロジェクト紹介

中国河南省の淮河は、七大水系のひとつで、流域には穀倉地帯と工業地帯が広がっています。急速な発展によって工業・生活廃水が急増しましたが、汚水処理施設が未整備なため、ほとんどが未処理のまま淮河支流に放流され、水質汚染が深刻化していました。日本は、この協力により、河南省淮河流域に下水処理場と下水管網の建設を支援しました。また、基準値を超える汚染物質を排出している工場に対し排水処理設備を建設することにより、河南省淮河流域の水質改善を図り、周辺地域住民の生活環境の向上に寄与しました。

協力地域地図

河南省淮河流域水質汚染総合対策事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 工場汚染源対策サブ・プロジェクト:開封市化学肥料工場廃水処理対策事業(設備撤去跡) 

  • 工場汚染源対策サブ・プロジェクト:舞陽県製紙工場水質汚染対策事業(舞陽県製紙工場) 

  • 工場汚染源対策サブ・プロジェクト:ラク河パルプ製紙工場水質対策事業(ラク河パルプ製紙工場) 

  • 下水処理サブ・プロジェクト:鄭州市下水道整備事業(下水処理場の反応タンク) 

  • 下水処理サブ・プロジェクト:駐馬店都市下水汚染対策事業(化学工場の処理水) 

  • 処理水が流入する河川:黒河 

  • 処理水が流入する河川:汝河 

  • 処理水が流入する河川:南馬コウ河 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ