海南島開発計画(洋浦港)

HAINAN DEVELOPMENT PROJECT(YANGPU PORT)

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1995年11月
借款契約額
43.00億円

プロジェクト紹介

中国最南端に位置する海南省は、1988年に広東省から分離して省に昇格し、国内5番目の経済特別区に指定されました。外資導入や企業誘致などの政策を進めると同時に、社会経済インフラの整備を早急に目指していました。1990年に開港した洋浦港は、後背地である洋浦経済開発区やダン州経済圏の経済発展に伴い、将来的に貨物取扱量の増大が見込まれ、港湾施設の拡充が必要とされていました。日本は、洋浦港において多目的バースの建設、雑貨バースの建設、港湾施設の整備を支援し、同港の貨物取扱能力の拡充などに寄与しました。

協力地域地図

海南島開発計画(洋浦港)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 洋浦港のコンテナバースと船舶 

  • 調達されたコンテナ・フォークリフト 

  • 雑貨バースのクレーン 

  • 本事業で調達されたトレーラーシャーシ 

  • 本事業で調達された港内作業船 

  • 機械修理工場(設備・機械の修理業務) 

  • 整備されたストックヤード内での運搬作業 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。