ウルムチ空港拡張事業

URUMUQI INTERNATIONAL AIRPORT EXPANSION

国名
中華人民共和国
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1996年12月
借款契約額
48.90億円

プロジェクト紹介

中国の最西北部に位置する新疆ウイグル自治区は、豊富な天然資源や観光資源によって航空需要の増大が見込まれていました。しかし、1973年に開港したウルムチディオップ空港は施設の老朽化が激しく、また、大型航空機が離着陸できないことから、急速な航空需要の増加に対応できない状況でした。この協力では、同空港の旅客ターミナルビル、航空保安施設などの整備を支援しました。これにより、国内観光客数は1996年の550万人から2003年には1,010万人へ増加するなど、西北地域の観光振興を含む経済活動活性化に寄与しました。

協力地域地図

ウルムチ空港拡張事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備されたウルムチ空港国内線ターミナルビル 

  • ボーディングブリッジ 

  • 出発ロビー 

  • チェックインカウンター 

  • セキュリティチェック 

  • 日本のODAで建設されたことを示す銅版のプレート 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。