重慶モノレール建設事業

CHONGQING URBAN RAILWAY CONSTRUCTION PROJECT

国名
中華人民共和国
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2001年3月
借款契約額
271.08億円

プロジェクト紹介

中国の長江上流にある重慶市では、中心市街地における交通渋滞や自動車の排気ガスによる大気汚染問題が深刻化していました。重慶市の地形条件、市街地の状況から道路輸送には限界があったため、安定した輸送力が確保でき、環境改善効果も見込めるモノレールの導入が求められていました。日本は、重慶市中心部において、モノレール(2号線 較場口-大堰村間:全長約14キロメートル)を建設することにより、乗客輸送力の向上による市内中心部の交通渋滞の緩和と大気汚染改善を図り、同市の経済活性化、市民の生活環境改善に寄与しました。

協力地域地図

重慶モノレール建設事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業により整備された重慶モノレール2号線 

  • 車両基地(大堰村駅に隣接) 

  • 駅ホーム 

  • 自動改札機 

  • 駅内の様子(企業広告が目立つ) 

  • モノレール車両内の様子(オフピーク時の平日午前11時頃) 

  • 建設中のモノレール3号線 

  • 中心市街地の様子(始発駅の較場口周辺) 

  • 運行安全生産調整センター(車両の運行・調整などを担当) 

  • 車両の定期点検作業 

関連情報