ラ・ウニオン港開発事業

LA UNION PORT DEVELOPMENT PROJECT

国名
エルサルバドル
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2001年10月
借款契約額
112.33億円

プロジェクト紹介

エルサルバドルの唯一の国際貿易港であるアカフトラ港は、外海に面しているため、うねりなどの自然条件により、貨物取扱量が制限され、世界的な潮流である貨物のコンテナ化に対応するには限界がありました。そのため、同国政府は、それまで閉鎖されていた、同国東部に位置するラ・ウニオン港(旧クトゥコ港)を再建することで、同国および近隣諸国の海運貨物需要に対応を図る計画を策定しました。この協力では、ラ・ウニオン港を国際貿易港として再活性化し、増加する海運貨物やコンテナ化に対応することを目的に、新たにコンテナ優先ターミナル、バルク優先ターミナル、航路、アクセス道路などの施設の整備を支援しました。これにより、同国の物流の活性化・効率化の実現のみならず、地域間格差の是正や周辺の中米諸国の物流システム統合の推進に寄与しつつあります。

協力地域地図

ラ・ウニオン港開発事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ラ・ウニオン港の様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。