電力リハビリ事業

POWER REHABILITATION PROJECT

終了案件

国名
ジョージア
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1998年1月
借款契約額
53.32億円

プロジェクト紹介

ジョージアでは、水力発電が主なエネルギー源ですが、旧ソ連時代に整備された発電設備の老朽化や適切なメンテナンスが十分行われてこなかったことから、発電能力、発電量ともに低下し、電力需要の約1~2割を周辺国からの買電に頼っていました。このため、既存発電施設のリハビリを含む設備の更新による電力供給の復旧・拡大が優先課題とされました。この協力では、既存の2ヵ所の水力発電所のリハビリを支援し、電力供給能力の回復に寄与しました。
※「ジョージア」の国名呼称は、平成27年4月22日以降「グルジア」から「ジョージア」へ変更しています。

協力地域地図

電力リハビリ事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備されたクラミ2発電所の2号機水管 

  • この協力で整備されたクラミ2発電所の変圧器 

  • この協力で整備されたクラミ2発電所の配電機器 

  • この協力で整備されたラジャヌリ水力発電所の配電盤・機器 

  • この協力で整備されたラジャヌリ水力発電所の水管 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。