バクレシュワール火力発電所建設事業(2)

BAKRESWAR THERMAL POWER STATION PROJECT(2)

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1997年12月
借款契約額
341.51億円

プロジェクト紹介

インドの西ベンガル州では1990年代前半、深刻な電力不足により頻発した長時間の停電が、住民生活や経済活動の大きな障害となっていました。こうした状況の下、本事業では、電力不足を緩和するため、コルカタ(旧カルカッタ)市の北西に位置するビルブム地方ムタベリア村において、近隣の炭田で採掘される石炭を利用したバクレシュワール火力発電所の建設と送電・変電設備の整備を支援しました。その結果、本事業は西ベンガル州において増え続ける電力需要に対応し、産業の振興と住民の生活改善に寄与しました。

協力地域地図

バクレシュワール火力発電所建設事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • バクレシュワール火力発電所 

  • 左から1、2号機、3号機、4、5号機(建設中)の煙突 

  • シミュレーターによる研修 

  • 石炭灰運搬車への積込み 

  • 発電所周辺の灌漑稲作 

  • 排水調整池に写る発電所の夜景 

  • 貯水池集水域から発電所を望む 

  • 貯水池集水域における植林 

関連情報