アムリトサール下水道整備事業

Amritsar Sewerage Project

終了案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
環境管理
借款契約(L/A)調印
2007年3月
借款契約額
69.61億円

プロジェクト紹介

インドでは、都市部への急激な人口流入や工業化に伴い処理能力を超えた汚水が排出されており、その汚染された水を媒介とする下痢や肝炎などで住民の健康が脅かされています。パキスタン国境に隣接するパンジャブ州の中核都市アムリトサール市でも、急増する人口に対して下水道のネットワーク整備が追いついておらず、家屋周辺の汚水排出により、衛生環境が悪化していました。さらに、下水処理場がないため、全ての汚水が未処理のまま河川に排出されパキスタン領内へ流れており、国際河川の水質汚濁を引き起こし、その汚濁度はインド国内排出基準の約5倍に達していました。この協力では、同市において下水道施設を整備することにより、安定的な下水道サービスの普及を通じ、地域住民の衛生・生活環境の改善を図りました。

協力地域地図

アムリトサール下水道整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 南部下水処理場アドミニ棟兼ポンプ場(Administration Building and Pumping Station at South Sewage Treatment Plant(STP)) 

  • 南部下水処理場曝気槽(Aeration Tank at South STP) 

  • 南部下水処理場最初沈殿池(Primary Clarifier at South STP) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。