タミル・ナド州生物多様性保全・植林事業

Tamil Nadu Biodiversity Conservation and Greening Project

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
自然環境保全
借款契約(L/A)調印
2011年2月
借款契約額
88.29億円

プロジェクト紹介

インド南部に位置するタミル・ナド州は、28の保護区と553種の固有動植物が存在し、豊かな生物多様性を有する州です。しかし、絶滅の危機に瀕している動植物も存在し、森林資源に依存した生活を営む住民もいるため、時として生物多様性に負の影響を与えかねない状況にあります。日本は、この協力で、国立公園など保護区の管理能力強化、森林地外での植林活動、周辺住民の生計改善活動を支援します。これにより、同地域の環境保全と、均衡の取れた社会経済発展に寄与するとともに、植林活動による温室効果ガスの削減効果も期待されます。

事業評価

協力現場の写真

  • 保護区において生息地を拡大する侵略性外来種。(野生生物の餌にはなりえず、近年生息地を拡大している。) 

  • 侵略性外来種除去後の様子(注:写真はイメージ) 

  • エコツーリズムサイトの様子(地元住民が湖のボート散策事業等を実施している。)(注:写真はイメージ) 

  • ゾウに危害を加えられたバナナ畑 

  • 耕作地へのゾウの侵入を防ぐ溝(注:写真はイメージ) 

  • 森林地外での植林活動の様子(注:写真はイメージ) 

  • 森林地外での植林活動の様子(注:写真はイメージ) 

  • 森林地外での植林活動対象地域(注:写真はイメージ) 

  • 植林活動に参加している農民との意見交換の様子(案件形成段階) 

  • 森林局にて育成される植林用の苗 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。