マディヤ・プラデシュ州送電網整備事業

Madhya Pradesh Transmission System Modernisation Project

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2011年6月
借款契約額
184.75億円

プロジェクト紹介

インド西部のマディヤ・プラデシュ州は、日印政府イニシアティブにより進められているデリー・ムンバイ間産業大動脈構想を構成する州であり、今後堅調な経済発展が見込まれ、都市部の電力需要が増加することが予想されます。2013年までに2ヶ所の新規火力発電所が建設、運用される計画があり、発電容量の増加に伴う送電網の増強が喫緊の課題です。日本は、マディヤ・プラデシュ州全域において、送電線及び変電設備の整備を支援し、電力系統の安定化、送電ロス率の低下及び電力の安定供給の達成を図ります。

協力地域地図

マディヤ・プラデシュ州送電網整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 既設MARHOTAL変電所の全景。変電所の新増設が予定されている。 

  • MARHOTAL変電所における132キロボルト送電線の引き込み口。遮断器、避雷器、気中断路器、保護制御盤、計器用変流器等が含まれる。 

  • 220キロボルト送電線新設工事の様子(1)新設された鉄塔 

  • 220キロボルト送電線新設工事の様子(2)架線作業の様子 

  • 220キロボルト送電線新設工事の様子(3)昇塔する作業員 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。