タミル・ナド州送電網整備事業

Tamil Nadu Transmission System Improvement Project

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2012年9月
借款契約額
607.40億円

プロジェクト紹介

インドのタミル・ナド州は、州都チェンナイ市を中心に本邦企業の進出により経済発展が見込まれていますが、電力インフラの整備不足により、電力供給が不安定な状況です。そのため、同州政府では2017年までに新規電源開発を計画しており、既存の送変電設備の整備が喫緊の課題となっています。この協力では、チェンナイ市を含む州内全域において送変電施設の整備を支援します。これにより、同州の電力系統の安定化、送電ロス率の低下および電力の安定供給の達成を図り、同州およびインド南部地域の経済発展に寄与します。

協力地域地図

タミル・ナド州送電網整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 工事中の40キロボルト送電線延線前(注:写真は本事業のイメージであり、実際の事業については順次選定されたのち実施される。以下、写真2〜3についても同様) 

  • 引込工事中の400キロボルト送電線 

  • 230キロボルトGIS外観 

  • 本事業により支援された変電所 

  • 本事業により調達されたガス絶縁システム 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。