マディヤ・プラデシュ州送電網増強事業

Transmission System Strengthening Project in Madhya Pradesh

実施中案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2016年3月
借款契約額
154.57億円

プロジェクト紹介

インドのマディヤ・プラデシュ州は、日印政府イニシアティブにより進められているデリー・ムンバイ間産業大動脈構想の対象州の一つです。同州では、今後増大する電力需要に対応するため新規発電所建設を計画しており、既存送電網への負荷が大きくなり、送電ロスの増加や系統の不安定化が生じることが想定されます。この協力では、同州全域において、送電線の敷設(総回線長約940キロメートル)および変電所の新増設などを支援します。これにより、同州の電力系統の安定化と追加電力の安定供給を図り、同州の電力需給状況の改善に寄与します。

協力地域地図

マディヤ・プラデシュ州送電網増強事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 132キロボルト送電線鉄塔 

  • 132キロボルト LILO送電線 

  • 220キロボルト送電線引出し設備(Jabalpur 220キロボルト変電所) 

  • 33キロボルト送電線引出し設備(Marhotal 132キロボルト変電所) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。