酪農開発事業

Project for the Dairy Development

実施中案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
農業開発/農村開発
借款契約(L/A)調印
2018年12月
借款契約額
149.78億円

プロジェクト紹介

インドは乳生産量が世界全体の19%を占め、世界最大の生産国です。同国において酪農は重要な産業ですが、生産・販売の集約が進まないという課題を抱えています。流通面では、搾乳後速やかに冷蔵した上で滅菌・殺菌処理を行えるコールドチェーンや機材整備が遅れており、適切な処理をされた生乳は全体の2割程度です。また、近代的流通網へのアクセスがない農家は、酪農から得られる収入が低水準にとどまっています。そのため、生乳・乳製品のコールドチェーンの整備と、生乳処理能力の確保を通じたバリューチェーンの構築が重要です。この協力では、農家の近代的流通網へのアクセス改善、乳業機材および流通インフラの整備、酪農協働組合の能力強化を行うことにより、乳および乳製品の販売量の向上を図り、酪農農家の所得向上に寄与します。

協力地域地図

酪農開発事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 水牛飼育の様子。インドでは酪農家の大多数が小規模農家。 

  • 集乳場の様子。毎日多くの農家が協同組合に生乳を売りに来る。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。