西ヤムナ運河水力発電事業

WESTERN YAMUNA CANAL HYDROELECTRIC PROJECT

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1981年3月
借款契約額
40.00億円

プロジェクト紹介

インド北部のハリヤナ州では、工業とサービス業のめざましい発展に伴い、州の電力消費量が急激に上昇していました。そのため電力需給の逼迫が続いていましたが、製造業やサービス産業の更なる強化を進めるべく、新たな電源開発と既存発電所の発電効率の向上が、最重要課題となっていました。このような環境下、日本は、ハリヤナ州タジワラ地区にある西ヤムナ運河にて発電用水路の併設と水力発電所の建設を支援しました。本事業は、発電量を拡充し、同州の経済発展および生活環境改善に寄与しました。

協力地域地図

西ヤムナ運河水力発電事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 既存のタジワラ頭首工から、18キロメートル下流のダドプールまでの間に発電用水路を併設し、この水路上に3つの発電所を建設。 

  • 用水路 

  • 水車へのアクセスハッチ 

  • コントロールルーム 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。