スリサイラム送電線建設事業(2)

SRISAILAM POWER TRANSMISSION SYSTEM PROJECT(2)

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1995年2月
借款契約額
95.46億円

プロジェクト紹介

インドのアンドラ・プラデシュ州では、電力供給が需要に追いついていない一方で、1992年当時、年平均7.4パーセントの電力需要増加が予想されており、新たな電気供給ルートの開発が急務となっていました。日本は、電力供給不足に対応するため、既存のダムを利用したスリサイラム揚水発電所の建設を円借款にて支援しており、この協力(第1~2期)では同発電所から各地域に対する送電線の敷設および、変電所の新設・拡張を支援しました。これにより、同州における電力需給の改善を図り、経済発展に寄与しました。

協力地域地図

スリサイラム送電線建設事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この事業で建設された鉄塔と送電線 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。