カルン第四水力発電所建設事業(1)

(GODAR-E-LANDAR HYDROELECTRIC POWER PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1993年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
386.14億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

イランでは1990年当時、深刻な電力不足に直面しており、計画停電が実施されていました。また、石油や天然ガスが主な電力供給源でしたが、電力需要増と石油資源節約の観点から、水力発電の開発を積極化していました。この協力(第1期)では、イラン南西部のカルン川流域にある既設のカルン第1ダムの下流に、ダム新設および地下発電所の建設を支援しました。この協力により、イランの電力供給能力が向上し、電力不足の解消に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報