航空保安設備整備事業

AIRPORT SAFETY FACILITIES IMPROVEMENT PROJECT

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1993年11月
借款契約額
67.85億円

プロジェクト紹介

17,500あまりの島々で構成される群島国家であるインドネシアでは、航空輸送は島嶼間の人、財貨の移動や情報伝達において重要な手段となっています。しかし、中心部の大規模空港が優先され、多くの地方空港では航空保安設備や通信管制設備などの整備は不十分なままとなっており、特に安全確保対策が急務とされていました。この協力では、同国内の33の地方空港の施設整備(滑走路再舗装やエプロン拡張など)と空港維持管理用機材の整備を支援しました。これにより航空輸送の効率化および安全性の向上に寄与しました。

協力地域地図

航空保安設備整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この事業で整備されたスラウェシ島北部のゴロンタロ空港 

  • この事業で新築されたゴロンタロ空港の旅客ターミナル・ビルディング 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。