クパン港・ビトゥン港開発事業

KUPANG AND BITUNG PORT DEVELOPMENT PROJECT

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1996年12月
借款契約額
52.50億円

プロジェクト紹介

15000余りの島々から構成されるインドネシアにとって、海上運輸は国内物流の要です。しかし地域間格差が大きく、比較的開発が遅れた東インドネシア地域の港湾開発が望まれていました。本協力では、東ヌサテンガラ州のクパン港、北スラウェシ州のビトゥン港において、アクセス道路の整備や荷役機械の調達、ヤードの新設などを行い、港湾施設の近代化を図りました。本協力により、両港への寄港船舶数・入港船舶総トン数、コンテナ貨物量が着工前に比べて著しく増加し、港湾の安全性も向上しました。

協力地域地図

クパン港・ビトゥン港開発事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 東ヌサテンガラ州のクパン港 

  • 本事業により建設された多目的バース(クパン港) 

  • 本事業により整備されたアクセス道路とゲート(クパン港) 

  • コンテナ・ヤードと本事業で調達されたフォークリフトとクレーン(クパン港) 

  • 北スラウェシ州のビトゥン港 

  • 新設されたバースでのコンテナ荷役(ビトゥン港) 

  • 本事業により設置された誘導用照明塔(ビトゥン港) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。