バリ海岸保全事業

BALI BEACH CONSERVATION PROJECT

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
1996年12月
借款契約額
95.06億円

プロジェクト紹介

インドネシアでは海岸侵食が国内各地で起こり、観光地バリ島でも珊瑚の乱獲、急速な都市化、観光産業の過熱化などに伴う海岸侵食が深刻化していました。観光業や漁民を含む住民の生活環境への影響も懸念されていたため、この協力では、バリ島南部エリア(サヌール、クタ、ヌサドゥア海岸およびタナロット寺院)において養浜、突堤、潜堤、離岸堤などの建設を支援しました。これにより、各海岸の侵食の軽減に寄与しました。

協力地域地図

バリ海岸保全事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 事業実施前のヌサドゥア海岸 

  • 養浜後のヌサドゥア海岸 

  • 養浜後のヌサドゥア海岸 

  • 事業実施前のサヌール海岸 

  • 養浜後のサヌール海岸 

  • 事業実施前のクタ海岸 

  • 養浜後のクタ海岸 

  • 補強工事実施後のタナロット寺院 

  • ヌサドゥア海岸では、2004年の養浜完了後、観光客数・収益は増加し、アクティビティが充実した。 

  • クタ海岸のウミガメ卵孵化施設。養浜後、同海岸に産卵に来るウミガメが増加し、子ガメ放流数が増加した。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ