ジャワ・バリ系統基幹送電線建設事業(3)

TRANSMISSION LINE CONSTRUCTION PROJECT IN JAVA-BALI(3)

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1998年1月
借款契約額
109.18億円

プロジェクト紹介

インドネシアのジャワ島・バリ島に電力を供給するジャワ・バリ系統においては、急速な経済発展に伴い、1995年当時、電力需要が年平均10パーセントを大きく越える伸びを記録し、全インドネシアの電力需要量の約80パーセントを占める規模に拡大しました。日本は、ジャワ・バリ系統の増加する電力需要に対応した安定的・効率的な電力供給と電力需給の地理的不均衡の改善を図るため、本事業によりジャワ島南海岸を東西に横断する500キロボルト送電線および関連変電所の建設を支援し、同地域の産業振興および住民の生活環境向上に寄与しました。

協力地域地図

ジャワ・バリ系統基幹送電線建設事業(3)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 事業で整備された500キロボルト送電線 

  • デポック3変電所 

  • デポック3変電所管理室 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。