ジョグジャカルタ特別州ICT活用教育質向上事業

(ICT Utilization for Educational Quality Enhancement in DIY)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2007年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
29.11億円
課題
教育、情報通信技術

プロジェクトの紹介

インドネシアでは基礎教育の普及は進んでいますが、十分な資格を持った教員の割合は低く、教科書や教材についても質・量ともに十分でない状況です。基礎教育修了段階の15歳を対象に実施した「生徒の学習到達度調査」(OECD・2003年度)によると、同国は実施4分野全てで最下位グループに位置しており、教育の質の向上は喫緊の課題です。この協力では、同国における情報通信技術(ICT)の活用に係るモデル事業として、ジョグジャカルタ特別州の小・中学校を対象に、パソコンなど必要な資機材調達、ICT環境の整備、eラーニングシステムの開発などの設備強化を支援しました。これにより、教育の質の向上を図り、全国への普及を通じて、同国全体の教育の質の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報