参加型灌漑復旧・維持管理体制改善事業

(Participatory Irrigation Rehabilitation and Improvement Management)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2008年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
123.10億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

インドネシアでは主食である米が、異常気象、通貨危機後の肥料・農薬価格の高騰等の外部要因によって生産が安定せず、2006年には約200万トンを輸入する事態に陥っていました。米価の上昇が特に貧困層の家計を圧迫していました。この協力では、同国のコメ生産の約8割を担う西部地域(ジャワ島、スマトラ島およびカリマンタン島)において、灌漑施設の改修および拡張を行うとともに、維持管理体制を整備し、米の増産と安定供給を図り、対象地域の農家の所得安定と生活環境改善に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報