ジャワ・スマトラ連系送電線事業(2)

Java-Sumatra Interconnection Transmission Line Project (2)

実施中案件

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2015年12月
借款契約額
629.14億円

プロジェクト紹介

インドネシアのジャカルタ首都圏を抱える電力系統のジャワ・バリ系統では、ピーク時需要が過去最大の2万メガワットを突破するなど電力需要の伸びが著しく、電力安定供給の観点から新たな電源開発が急務となっています。また、電力の最大需要地であるジャワ島は、スマトラ島と未だ電力系統が連系されていません。この協力(第2期)では、ジャワ・バリ系統およびスマトラ系統において、海底・架空送電線と、直流・交流変換所の新設などを支援します。これにより、両系統の電力融通・供給システムの構築を図り、電力需給ひっ迫状況の改善ならびにジャワ、スマトラ地域の経済発展に寄与します。

協力地域地図

ジャワ・スマトラ連系送電線事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ムアラエニムの直流・交流変換所建設予定地 

  • ムアラエニムの直流・交流変換所建設予定地 

  • ムアラエニムの直流・交流変換所建設予定地 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。