パティンバン港開発事業(第二期)

Patimban Port Development Project (2)

実施中案件

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2022年5月
借款契約額
701.95億円

プロジェクト紹介

インドネシアでは、近年の急激な経済成長に伴い、国全体の取扱貨物量が増加傾向にある中で、港湾の全体的な容量不足を主要因として、港湾混雑による物流停滞が懸念されています。特に、ジャカルタ首都圏は、インドネシアのGDPの約3割を占め、製造業の企業進出や海外投資が集中することから、貨物の取扱量が大きく伸びています。そのため、新港の建設が求められていたところ、インドネシア運輸省は、2015年に新港開発検討のための調査を実施し、西ジャワ州スバン県パティンバン地区を新港開発の最有力候補地とし、2017年に新港に係るマスタープランを作成しました。
この協力では、ジャカルタ首都圏東部パティンバンに新港(コンテナターミナル、カーターミナル等)を建設することにより、首都圏の物流機能強化を図り、同国の投資環境改善を通じた更なる経済成長に寄与します。

協力地域地図

パティンバン港開発事業(第二期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 自動車ターミナル(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • コンテナターミナル(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • 連絡橋(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • アクセス道路(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ