ハルサ発電所改修事業

Hartha Thermal Power Station Rehabilitation Project

実施中案件

国名
イラク
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2015年2月
借款契約額
202.24億円

プロジェクト紹介

イラクでは、長年にわたる戦争と経済制裁により、発電所や送変電設備といった国内の電力インフラの破壊および老朽化が進行しました。2003年以降、徐々に復興が進んではいるものの、電力需要に対して電力供給能力が追い付いておらず、十分かつ安定的な電力供給は喫緊の課題となっています。同国内の電力供給において重要な役割を担うハルサ火力発電所は、1982年に日本の支援によって建設され、日本人技術者から学んだイラク人技術者によって、長年運営・維持管理されてきました。この協力では、同発電所の4号機(定格容量200メガワット)の改修を支援します。これにより、電力の安定供給に貢献し、同国の社会開発および復興に不可欠な経済活動を活性化することが期待されます。

協力地域地図

ハルサ発電所改修事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ハルサ発電所全体像。1982年に日本の企業により建設された発電所は、3度の戦争の間も発電所の職員が繰り返しメンテナンスを行い、大切に使われてきた。 

  • ハルサ発電所。 

  • ハルサ発電所。 

  • 日本企業のタービン・ジェネレーター。 

  • 発電所の側にはチグリス・ユーフラテス川が流れる。 

  • バスラ県のハルサ発電所への道。油田から炎があがっている。 

関連情報