オルカリア1 一、二及び三号機地熱発電所改修事業

(Olkaria 1 Units 1, 2 and 3 Geothermal Power Plant Rehabilitation Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2018年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
100.77億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ケニアでは、堅調な経済成長や未電化地域の電化により、電力需要は大幅に増加することが見込まれています。電力供給の約36パーセントを水力発電、約35パーセントを火力発電に依存していますが(2017年)、水力発電による電力供給は頻発する干ばつの影響のため不安定な状況であり、火力発電は燃料である石油の大部分を輸入に依存していることから経常赤字の要因のひとつとなっています。一方、同国は大規模な地熱発電のポテンシャルがあると推定されており、地熱資源開発が高まっています。この協力では、ケニア中部のナクル郡オルカリア地熱地帯において、1980年代に建設された出力45MWの既存のオルカリア1(一号機,二号機,三号機)地熱発電所(15MW×3基)を出力約51MW(約17MW×3基)へと改修します。これにより電力供給の安定化を図り、同国経済の発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報