マレーシア国民大学(UKM)医学部付属病院

HOSPITAL UNIVERSITI KEBANGSAAN MALAYSIA

国名
マレーシア
事業
有償資金協力
課題
保健医療
借款契約(L/A)調印
1993年9月
借款契約額
102.15億円

プロジェクト紹介

マレーシアの保健・医療セクターでは1990年代当初、医師と看護師が大きく不足しており、特に地方における医師不足は深刻でした。また、マレーシアの3医科大学のひとつであるマレーシア国民大学は、唯一大学病院を持っておらず、十分な教育研修を実施できない状況でした。この協力では、同大学において、専門的教育および治療を行う大学付属病院の建設を支援しました。これにより、教職員数と医学生数は増加し、病院の専門外来数および入院稼働率もほぼ計画水準を達成し、地域住民の健康の改善に寄与しました。

協力地域地図

マレーシア国民大学(UKM)医学部付属病院の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • マレーシア国民大学(UKM)医学部病棟外観 

  • エントランス 

  • 本事業で調達された移動X線機器 

  • 本事業で調達されたCTスキャン 

  • 本事業で調達された人工呼吸器 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。