東方政策

LOOK EAST POLICY

国名
マレーシア
事業
有償資金協力
課題
教育
借款契約(L/A)調印
1999年3月
借款契約額
140.26億円

プロジェクト紹介

マレーシアでは、1981年に当時のマハティール首相が、日本の発展の原動力となった知識・技術および国民の労働倫理、勤労意欲などを学ぶ「東方政策」を提唱し、学生を対象とした留学事業を実施してきました。しかし、1997年の経済危機によりその継続が困難となったため、この協力では1999年度以降における同事業の継続・実施を支援しました。これにより、学部留学、大学院留学、高専留学および日本語教員養成の4つのプログラムで合計1,398人が日本へ留学し、同国の経済・社会の発展と経済基盤の確立に寄与しました。

協力地域地図

東方政策の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 建築会社で働く元奨学生(左奥) 

  • 日本への留学生の同窓会であるALEPSの会長の経営する工場の一角にあるALEPS Dream Factory(子ども車いすセンター)。痙性まひ児童のための車いすを製造している。 

  • ALEPS Dream Factory(子ども車いすセンター) 

  • マレーシア日本国際工科院(MJIIT)。本協力を含む東方政策留学プログラムの成果として多くの関係者に認識されている。 

  • マレーシア日本国際工科院(MJIIT) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。