高等教育基金借款事業(3)

(Higher Education Loan Fund Project(3))

【写真】プロジェクトの様子

国名
マレーシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2006年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
76.44億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

マレーシア政府は、2020年までに先進国の仲間入りをすることを大きな目標として掲げており、その鍵のひとつに人材育成を挙げています。この協力(第2〜3期)では引き続き、同国の経済発展に必要とされる中核エンジニアの育成を促進し、マハティール首相(当時)の提唱する東方政策による東アジア地域への留学などを補完することを目的とし、現地での予備教育を終えた310名のマレーシア人学生に対して、日本の理工系学部への留学を支援しました。これにより、開発・研究などに必要な高度な技術と労働倫理を備えたエンジニアの育成が図られ、経済発展に必要な産業競争力が強化され、二国間友好関係の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報