ティラワ地区インフラ開発事業フェーズ2

Infrastructure Development Project in Thilawa Area Phase 2

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2014年9月
借款契約額
46.13億円

プロジェクト紹介

ミャンマー政府は、経済成長を通じた国民の所得向上を実現する上で、海外直接投資の誘致を重視しており、特に経済特別区(SEZ)開発による外国企業誘致促進を方針として掲げています。このうち、ティラワSEZは、ヤンゴン都市圏の豊富な労働力および既存の産業集積、また既存港湾も活用できることなど日本企業の進出も期待される一方、SEZ内を含む周辺のインフラの整備が急務となっています。この協力(フェーズ2)では、ヤンゴンとティラワ地区を結ぶ幹線道路の拡幅・整備を支援します。これにより、増加する交通需要へ対応し円滑な交通の実現を図り、同地区への直接投資の流入の拡大促進、ヤンゴン都市圏の発展および雇用創出を通じ、同国の経済成長に寄与します。

事業評価

協力現場の写真

  • 道路現況:路肩と車道などに段差があり、安全面での改良が必要。 

  • 道路現況:素掘りの側溝などが存在し、道路周辺のユーティリティの改良・整備が必要。 

  • 道路現況:片側一車線道路で追い越し運転が頻発。道路の拡幅と交通ルールの周知徹底が必要。 

  • 道路現況:様々な車両が車道に混在し、かつ交通量も増加傾向にある。スムーズな道路交通を実現するため、改良が必要。 

関連情報