ナカラ港開発事業(2)

Nacala Port Development Project Phase 2

実施中案件

国名
モザンビーク
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2015年6月
借款契約額
292.35億円

プロジェクト紹介

モザンビークの主要商業港のひとつであるナカラ港は、現水深が14メートルと深く浚渫の必要の無いアフリカ南東部随一の天然の良港で、同港の開発によって地域のゲートウェイとしての機能が強化されることが期待されています。同地域では、鉱物資源と農業をドライビングフォースとして経済活動が活発化しており、貨物量は2030年には現在の10倍になると予測されています。この協力(第2期)では、貨物量の大幅な増加に対応するため、引き続き同港の施設改修(泊地浚渫、アクセス道路の建設、ヤードの舗装など)と荷役効率改善のための機材の整備を支援します。これにより、地域物流の改善を図り、ナカラ回廊における経済開発、貧困削減に貢献することが期待されています。

協力地域地図

ナカラ港開発事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力対象サイトであるナカラ港バルクターミナルの現況 

  • 協力対象サイトであるナカラ港コンテナターミナルの現況 

  • 協力対象サイトであるナカラ港コンテナターミナルの現況 

  • 協力対象サイトであるナカラ港コンテナターミナルの現況 

  • 協力対象サイトであるナカラ港コンテナターミナルの現況 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ