ルンドゥ-エルンドゥ間道路改善事業

Rundu-Elundu Road Upgrading Project

国名
ナミビア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2006年8月
借款契約額
100.91億円

プロジェクト紹介

国民の貧富の差が大きく、特に北部の貧困率が高いナミビア。その要因のひとつとして、北部2州(カバンゴ州、オハングウェナ州)を横断する主要道路上に未舗装区間(ルンドゥ~エルンドゥ間)があるため、迂回ルートの利用を余儀なくされており、北部住民が経済活動から阻害されていることが挙げられます。この協力では、この未舗装区間約370キロメートルのアスファルト舗装整備を支援しました。これにより北部2州における住民の生活水準の向上と、南部アフリカ地域内の交易促進および同国全体の貧困削減を図ります。

協力地域地図

ルンドゥ-エルンドゥ間道路改善事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 舗装工事前の道路の様子。砂地であり、乾期は砂が舞う。雨期には道路がドロドロになり走行に支障あった。 

  • 工事期の様子 

  • 完成後の道路の様子 

  • 2012年7月6日のナミビア国のポハンバ大統領出席による道路開通式のテープカットの様子(左端はJICAナミビア支所長) 

  • 2012年7月6日のJICAナミビア支所長のスピーチの様子 

  • 道路工事区間の入り口に建てられている日本の協力を示す看板 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。