電力フロンティア拡張事業(3)(カハマルカ州)

Electric Frontier Expansion Project (3) - Dept of Cajamaruca

終了案件

国名
ペルー
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2009年3月
借款契約額
41.71億円

プロジェクト紹介

1990年代、ペルーでは農村地域の電化の遅れが大きな課題となっていました。なかでも人口の45パーセントを擁するアンデス、アマゾン地域では電化率は20パーセントに過ぎず電化の推進が急務となっていました。ペルー政府は、1993年以降、農村電化事業を積極的に進め、10年間で農村地域の平均電化率を5パーセントから32パーセントまで押し上げましたが、山岳地域などの過疎地の電化のニーズは引き続き高い状況でした。第1期・第2期につづくこの協力では、国内で最も電化率の低いカハマルカ州、ワヌコ州およびロレト州において送配電網の整備を行いました。これにより、対象地域の電化率向上を図り、地域住民の生活水準の向上および社会・経済活動の活性化が期待されます。

協力地域地図

電力フロンティア拡張事業(3)(カハマルカ州)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施後)整備された配電施設 

  • (協力実施後)小学校の電力利用例(カハマルカ州) 

  • (協力実施後)街灯の維持管理については、遠方の村では緊急対応に時間を要している状況。技術面・財政面に課題は見られないものの、体制面および運営・維持管理に一部課題がある。 

関連情報