アスンシオン上水道整備事業

(ASUNCION METROPOLITAN AREA POTABLE WATER PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
パラグアイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1995年9月
事業
有償資金協力
借款契約額
60.68億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

パラグアイでは、1990年代初めまで社会インフラの整備が大きく立ち遅れていました。特に、上下水道普及率は、他の中南米諸国と比べ、低い水準にとどまっていました。そのため、非衛生な水の摂取や、下水の垂れ流しなどの劣悪な衛生環境に起因する寄生虫症や伝染性疾病などが多発していました。この協力では、アスンシオン首都圏において送配水施設の整備、配水網・給水施設の拡充を支援しました。これにより、2005年には上水道普及率は80パーセント、無収水率45パーセントを達成し、同国の安定的な水供給に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子