社会改革支援地方港湾開発事業

SOCIAL REFORM RELATED FEEDER PORTS DEVELOPMENT PROJECT

終了案件

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1997年3月
借款契約額
57.46億円

プロジェクト紹介

フィリピンでは海運の果たす役割が大きく、2010年までに海運セクターの旅客・貨物取扱量が年平均5パーセント増加すると予想されていました。そのため、港湾の整備を通じて農産物や漁獲物の販売が活発化し、販売量の増加や売値の上昇、港周辺での雇用が創出されることにより貧困削減が見込まれていました。1988年に実施された円借款「小規模港湾開発事業」に引き続き、この協力では、他地域との連絡が主に海運のみの孤立した地域における34港の港湾の建設・改修を支援し、経済活動の活性化に寄与しました。

協力地域地図

社会改革支援地方港湾開発事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備されたロハス港 

  • この協力で整備されたロハス港 

  • この協力で整備されたエスタンシア港での魚の積み替え作業 

  • この協力で整備されたタンバン港に来た旅客船 

  • 整備された漁港のすぐ横に建設された市場(パサカオ港) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。