産業公害防止支援政策金融事業(2)

ENVIRONMENTAL INFRASTRUCTURE SUPPORT CREDIT PROGRAM PHASE 2

終了案件

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
環境管理、民間セクター開発
借款契約(L/A)調印
1999年12月
借款契約額
205.29億円

プロジェクト紹介

フィリピンでは、人口増加や経済活動の活発化に伴い、メトロマニラ(マニラ首都圏)を中心として水質汚濁や大気汚染など公害が深刻化しており、政府は環境汚染対策のための法律・制度・規制面の整備を進めてきました。この協力(第2期)では、フィリピン開発銀行(DBP)を通じて民間企業に中長期資金を供給することにより、企業の環境関連投資の促進・奨励を行いました。また、企業や民間金融機関、DBPに対する技術的な支援も行いました。これにより、フィリピンの産業公害の防止・軽減に寄与しました。

協力地域地図

産業公害防止支援政策金融事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業にて建設されたミニ水力発電施設 

  • 第1期事業にて設置された汚水処理施設 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。