アグノ川洪水制御事業(2-B)

Agno River Flood Control Project(Phase2-B)

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2001年5月
借款契約額
27.89億円

プロジェクト紹介

フィリピンのルソン島中部に位置するアグノ川流域は、毎年の台風や集中豪雨により常襲的な洪水被害に悩まされていました。日本は、これまで下流域の浚渫・護岸などの緊急修復事業を支援しましたが、抜本的な治水対策のためには、中流域の洪水制御事業が不可欠でした。この協力(フェーズ2・フェーズ2-B)では、アグノ川中流部を対象に、分流堰、放水路の建設、堤防建設・修復・護岸などの河川改修工事および橋梁の建設を行うことにより、アグノ川流域における洪水被害の軽減を図り、地域住民の生活環境・衛生状態の向上に寄与しました。

協力地域地図

アグノ川洪水制御事業(2-B)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • フィリピンのルソン島中部に位置し、フィリピンを代表する穀倉地帯を流れるアグノ川。洪水対策により、地域の住民、経済を守る。 

  • 護岸工事前 

  • 護岸工事後 

  • 建設された避難所 

  • コンサルティング・サービスにより、住民への洪水に関する情報提供、啓発活動を行った。 

  • 避難所の維持管理訓練1 

  • 避難所の維持管理訓練2 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ