洪水リスク管理事業(カガヤン川、タゴロアン川、イムス川)

Flood Risk Mgt. Project for Cagayan, Tagoloan & Imus Rivers

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2012年3月
借款契約額
75.46億円

プロジェクト紹介

フィリピンは世界でも自然災害が多い国の一つで、特に台風・暴風雨と洪水による経済的、人的被害は甚大です。しかし、同国では予算や人員の制約などから、本格的な洪水対策事業が実施された河川流域は特に地方部において限定的で、毎年各地で甚大な洪水被害が生じています。この協力では、大規模な穀倉地や産業成長回廊地帯、経済特区などを抱えるカガヤン川流域、タゴロアン川流域およびイムス川流域における洪水対策の実施を支援します。これにより、対象地域の洪水被害の軽減を図り、持続的・安定的な経済発展に寄与します。

協力地域地図

洪水リスク管理事業(カガヤン川、タゴロアン川、イムス川)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 洪水への緊急対策として積み上げられたブロック。(カガヤン川) 

  • 既存堤防の下流に向かっての終点。堤防の延長が予定されている。(タゴロアン川) 

  • 遊水地予定地。(イムス川) 

  • 遊水地沿いのイムス川。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。