機関車工場建設事業

LOCOMOTIVES MANUFACTURING FACTORY PROJECT

終了案件

国名
パキスタン
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1984年2月
借款契約額
97.60億円

プロジェクト紹介

パキスタンでは、1950年代後半には鉄道が国内貨物輸送の73パーセント、国内旅客輸送の42パーセントのシェアを占め、国内の貨物・旅客輸送において、重要な役割を果たしてきました。しかし1980年代以降は、機関車の不足や老朽化のため、鉄道は増大する輸送需要に対応しきれなくなっていました。この協力では、同国における機関車の国産化を段階的に図るため、機関車工場の建設と製造技術の移転などを支援しました。

協力地域地図

機関車工場建設事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • リサルプール機関車工場 

  • 工場内で作業する従業員 

  • 駅で運行を待つ日本製機関車 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。