二次系送電網拡充事業

SECONDARY TRANSMISSION LINES AND GRID STATIONS PROJECT

終了案件

国名
パキスタン
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1996年3月
借款契約額
120.22億円

プロジェクト紹介

パキスタンでは、社会経済の成長に伴い電力需要が増加したため、電力供給量不足と高い電力供給システムロス率(1993年当時24.2パーセント)に悩んでおり、新規電源の開発と送配電設備の拡充増強が喫緊の課題となっていました。この協力では、高圧送電が可能な二次系送電線網の拡充増強(8ヵ所)と変電所の増強(2ヵ所)を支援しました。これにより、安定した電力供給が行えるようになり、停電時間は以前の5分の1程度まで縮小し、送電ロス率は7.26パーセント(2006年)から3.58パーセント(2009年)に改善しました。

協力地域地図

二次系送電網拡充事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業で整備された220キロボルト送電線の送電鉄塔(レワット〜イスラマバード送電線) 

  • 本事業で整備された220キロボルト送電線(ガティ〜ルワデラ送電線) 

  • 本事業で整備された220キロボルト送電線(ジャムショロ〜ハイデラバード送電線) 

  • ジャムショロ〜ハイデラバード送電鉄塔の基礎部分 

  • 本事業で整備されたイスラマバード大学変電所の屋外トランス 

  • イスラマバード大学変電所のブスバー 

  • イスラマバード大学変電所の制御室 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。