給電設備拡充事業

(Load Dispatch System Upgrade Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
パキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2005年8月
事業
有償資金協力
借款契約額
38.39億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

パキスタンでは、経済成長に伴い急増する電力需要に対応するため、超高圧送電系統の効率的・安定的な系統運用が必要とされていました。これら送電系統の運用・管理は国営送電会社の中央給電指令所(NPCC)(1990年運用開始)が中心的機能を担っていましたが、容量不足およびシステムの老朽化により通信障害、機器障害が頻発し、常時全ての電力系統を監視出来ていない状況でした。この協力では、NPCCの近代化および拡充を行いました。これにより、電力系統運用の効率化と安定化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報