ハイバル・パフトゥンハー州緊急農村道路復興事業(洪水災害対策)

Khyber Pakhtunkhwa Emergency Rural Road Rehabilitation Pjt

国名
パキスタン
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2011年2月
借款契約額
147.00億円

プロジェクト紹介

パキスタンでは、2010年7月から北部を中心に豪雨が発生、9月まで断続的に豪雨が継続し、パキスタン全土で甚大な影響をもたらしました。ハイバル・パフトゥンハー州は、今般の洪水による道路や橋の崩落や損傷の影響で、農村が孤立し住民が生存の危機に立たされました。道路や橋が復旧しなくて生活再建が進まず、農業などの経済活動もままならない状態が続いています。日本は、寸断された物流・ライフラインを回復し、同地域の経済社会活動の早期回復・貧困緩和を図るため、同州で損壊した道路・橋梁の復興を円借款事業により支援しました。

協力地域地図

ハイバル・パフトゥンハー州緊急農村道路復興事業(洪水災害対策)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 洪水の激流により押し流された橋でたたずむ人々(注:【写真2〜4も同様】写真は、洪水影響を受けた事業対象地域内の道路・橋梁の被害例。借款対象サブ・プロジェクトについては、緊急性、技術面、環境社会配慮面等を勘案のうえ順次選定・実施される。) 

  • 崩落と落石で非常に危険な状態となった道路 

  • 土砂崩れで完全に遮断された道路 

  • 洪水により破壊され寸断状態となった道路 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。