イスラマバード・ブルハン送電網増強事業(フェーズ1)

Islamabad and Burhan Trasnmission Line Reinforcement Project(Phase 1)

実施中案件

国名
パキスタン
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2017年5月
借款契約額
26.65億円

プロジェクト紹介

パキスタンでは、発電・送変電設備の老朽化、および発電設備の低い稼働率が主な原因で、近年深刻な電力需給ギャップが生じています。(政治的に低く抑えられた電力料金設定、燃料価格調整の遅れ、低い料金徴収率、送配電ロス等によって、各電力会社の収入が不十分で、発電所の稼働率が上がらない。)今後、電力需要のさらなる伸びが予想され、発電設備の増強、送電系統の増強は喫緊の課題となっています。この協力では、イスラマバード首都圏および周辺地域への電力供給に必要な既設送電線の増強を支援します。これにより、送電線の容量不足への改善を図り、もって安定的な電力供給を通じたパキスタンの経済基盤の改善に寄与します。

協力地域地図

イスラマバード・ブルハン送電網増強事業(フェーズ1)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • タルベラ発電所−ブルハン変電所間の既存送電線1 

  • タルベラ発電所−ブルハン変電所間の既存送電線2 

  • タルベラ発電所−ブルハン変電所間の送電線を支える既存鉄塔 

  • ブルハン変電所建屋 

  • ブルハン変電所内設備1 

  • ブルハン変電所内設備2 

  • ブルハン変電所周辺の送電・配電ルート図 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。