バンダラナイケ国際空港改善事業フェーズ2(2)

(Bandaranaike Intl. Airport Dev. Project Phase 2(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
スリランカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2016年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
454.28億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

スリランカ唯一の国際空港であるバンダラナイケ国際空港は、空路での物流・旅客輸送の拠点となっています。しかし、年間旅客取扱量は、旅客ターミナルの年間取扱可能容量(600万人)を大幅に超過する731万人(2013年)に達しており、早急なターミナルの拡張が必要とされています。この協力(第2期)では、太陽光発電システムや、LED照明などの省エネルギー技術を活用した、環境に優しい空港として同空港の旅客ターミナルの整備などを支援します。これにより、増加する旅客需要に対応し、利便性・安全性の向上を図り、同国の経済発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報