道路網改善事業

Road Network Improvement Project

終了案件

国名
スリランカ
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1999年8月
借款契約額
30.78億円

プロジェクト紹介

スリランカの運輸セクターでは、ほとんどの道路が1948年の独立以前に建設されており、道路線形が悪く円滑な交通が阻害されていました。また、路肩が未舗装である道路や、車線幅員も現在の設計基準を満たしていない箇所が多いため、低速車両や歩行者によって高速車両の走行が阻害されていました。さらに、交通量は道路設計時の想定量をはるかに上回る状態でした。日本は、スリランカ中部地域において、老朽化した道路網の改良・補修を支援しました。この協力により、道路の車両走行性が向上し、スリランカの経済活動の活発化に寄与しました。

協力地域地図

道路網改善事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 改良された道路線形(国道AA005) 

  • 拡張整備された道路(国道AA005) 

  • 本事業にて建設された国内唯一の国道トンネル 

  • 事業後に新たに設置されたバス停と商業施設(国道AB013沿い) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。