貧困緩和マイクロファイナンス事業

POVERTY ALLEVIATION MICRO FINANCE PROJECT

終了案件

国名
スリランカ
事業
有償資金協力
課題
農業開発/農村開発
借款契約(L/A)調印
1999年8月
借款契約額
13.68億円

プロジェクト紹介

スリランカでは、全人口における貧困層の割合が高いことから1990年代に、貧困削減のためのマイクロファイナンスを提供する零細農家・土地無し貧困層への小規模融資事業(SFLCP)が実施され、大きな成果を挙げていました。日本が円借款によりこの事業をより広範囲に拡大することにより、貧困緩和に直接効果をもたらすべく日本は、通常の金融機関による融資へのアクセスのない貧困層に対して、マイクロファイナンスの提供を行うとともに、関連機関・受益者へのトレーニングを実施しました。

協力地域地図

貧困緩和マイクロファイナンス事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業の支援による収入増加活動(素焼きの鍋の生産) 

  • 本事業の支援により事業を始めた一家。セメントブロック作製業の仕事は順調で新たに若者を2名雇用した。 

  • 本事業の支援により経済的に自立を果たした高齢の女性。酪農と養鶏にて生計をたてる。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。