血液供給システム改善事業

IMPROVEMENT OF NATIONAL BLOOD TRANSFUSION SERVICES PROJECT

終了案件

国名
スリランカ
事業
有償資金協力
課題
保健医療
借款契約(L/A)調印
2001年1月
借款契約額
15.08億円

プロジェクト紹介

スリランカでは、出生率、死亡率の低下に伴い高齢化が進展し、疾病対策の質的転換が求められていました。このため、年率10パーセントの輸血用血液の供給増を目指してきましたが、依然として供給不足が続いていました。日本は、中央血液センターの建設と、国内8州における州血液銀行および全国48ヵ所の地域血液銀行に対する機材整備など、総合的な血液供給システムの基盤整備を支援しました。これにより、全国の献血数は協力開始前の1.9倍に増加し、赤血球製剤の供給量も2倍に達するなど、同国の保健医療水準の向上に寄与しました。

協力地域地図

血液供給システム改善事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業により建設された中央血液センター 

  • 本事業により整備された血液成分分離室(中央血液センター) 

  • 本事業により整備された血清検査室 (中央血液センター) 

  • 本事業により整備された細菌検査室(中央血液センター) 

  • 医大生への実習風景(中央血液センター) 

  • 献血風景(中央血液センター) 

  • 献血風景(中央血液センター) 

  • 本事業により整備されたアヌダラープラ(北中央州)のクラスター・センター 

  • 献血モバイル・ユニット 

  • モバイル・ユニットによる院外での献血活動 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。