処理済下水利用潅漑事業

(TREATED SEWAGE IRRIGATION PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チュニジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1998年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
17.07億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

チュニジアでは農耕が可能な地域の大部分が乾燥もしくは半乾燥地域であるため、しばしば干ばつによる大きな被害を被っています。表層水や地下水などの水資源にも限りがあるため、同国では処理済下水を有効活用する灌漑インフラの整備に取り組んできました。この協力では、国内10地域に下水処理済水の貯水施設8ヵ所、ポンプ場10ヵ所、調整用貯水施設10ヵ所、送水・灌漑配水管の整備を支援しました。これにより、雨期乾期にかかわらず比較的安定した灌漑用水の確保と地下水源の保全を図り、農業生産の安定化に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報