ラデス-ラグレット橋建設事業

(RADES-LA GOULETTE BRIDGE CONSTRUCTION PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チュニジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1999年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
84.03億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

チュニジアの大チュニス圏内を走る一部の道路では、1日の交通量が10万台を記録するなど、交通容量を超えていました。また、同圏内ではチュニス湖を渡るフェリーも利用されていましたが、乗船待ち時間は最低でも30分を要し、ターミナル周辺で常に渋滞が生じていました。この協力では、チュニス湖運河の北側に位置するラグレットと南側のラデスを結ぶ橋梁の建設を支援しました。これにより、対象地域の交通渋滞の緩和を図り、ラデス港とラグレット港間のアクセス性の向上、沿岸地域の地域開発および産業振興に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報