総合植林事業

(INTEGRATED REFORESTATION PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チュニジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2000年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
40.80億円
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

チュニジアでは、乾燥した気候や過度の伐採等のため、森林面積がおよそ50年の間に4分の1まで減少しました。その後、植林によって回復はしたものの、土壌流出防止や自然環境保全の観点からさらなる植林の必要がありました。日本は、チュニジア北西部のウエド・バルバラ(ジェンドゥーバ県)、シディ・エル・バラック−ネフザ(ベジャ県)、ウム・ジェドゥール(カスリーン県)、ケフ県の南部の4地域において、植林及び地域開発事業を支援しました。この協力により、土壌流出と森林面積の増大に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報